製品案内 Products

薬剤

メーカーのご紹介:

原位置浄化の分野で世界トップシェアをほこる製品を提供しています。

米国カリフォルニア州サンクレメンテにあるリジェネシス社は1994年、徐放性酸素供給剤(ORC)を開発し、製品化するために設立されたベンチャー企業で、バイオスティミュレーションの分野で世界的に高いシェアをほこっています。2000年には、HRC(水素徐放剤)の販売が開始されました。その後、より長期間にわたり水素を供給するHRC-Xや、より素早く水素を供給するHRCプライマー、粘性が低く広範囲に適用可能なHRCアドバンスなど目的別に異なるタイプのHRCが製品化されました。また、2004年末に、より高濃度の汚染源を原位置で処理するニーズに応えるため、安全性と持続性を合わせ持った化学的酸化剤RegenOxを開発しました。

製品一覧

  • ORC(酸素徐放剤)

    用途好気性分解、油の浄化、微生物分解の促進、芝生の根腐れ防止、シアンや1,4-ジオキサン等の分解促進

    ORCは最長1年間、酸素を徐々に放出します。長期間の酸素放出源の存在により好気性微生物が繁殖し、汚染物質の自然減衰を促進します。過剰で無駄な酸素供給や注入回数の増加を低減し、効率良い浄化を実現します。

  • HRC(水素徐放剤)

    用途嫌気性分解、有機塩素系化合物の浄化、微生物分解の促進、追加注入の低減、自己拡散性による注入の改善

    HRCは水と反応して徐々に乳酸を放出します。この乳酸から微生物の働きにより水素が生成され、還元的脱塩素化により塩素系有機化合物が段階的に生物分解されます。HRCの影響下では、このプロセスが最長18ヵ月間持続します。

  • リジェノックス・ペトロクレンズ

    用途油の浄化、土壌からの油の剥離(注入または撹拌)、浄化期間の短縮

    リジェノックス・ペトロクレンズは土壌に吸着した油の剥離剤で、マイルドな酸化剤としての効果も有します。通常注入してから2週間ほど静置した後、剥離した油分を含む地下水ごと汲み上げて回収します。

  • パーサルフォックス(酸化剤)

    用途酸化分解、油やCVOCsの浄化、アルカリ反応と酸化力の長期持続、触媒の添加不要、1,4-ジオキサン等の分解

    パーサルフォックスは過硫酸ナトリウムを主成分とした酸化剤で、一薬に酸化剤、触媒、アルカリに保つ効果を有します。一薬のため、活性剤や水酸化ナトリウムを別途添加する必要がなく、安全で効率の良い作業を実現します。

その他製品一覧

製品名  

オドマスク

油臭低減剤

サーフェスクリーン

油膜除去剤、食品グレード界面活性剤
お問い合わせ・カタログ請求はこちら 製品に関するご質問・導入のご相談等、お気軽にご相談ください。 03-5577-5528 月曜~金曜 9:00~18:00
  • お問い合わせフォーム
  • カタログ請求フォーム