技術情報 Technology

  • HOME>
  • 米国を中心に各分野でNO.1の製品を中心にご提供するランドコンシェルジュの技術情報をご紹介しています。

技術情報

滑性エントランスゴムの性能と施工性の確認実験

集水涵養井戸方式による地下水流動保全対策を行うため、縦井戸ケーシングへ横ボーリング通水連絡管を貫通する工事が計画されている。そこで予定されている滑性エントランスゴムの性能と施工性の確認を行った。

S5-12 サンプリング方法の違いによる試料への影響
~土壌試料への影響について~

本稿では、試料の汚染、分析対象物質の逸失、変質の原因として、土壌試料採取用ツール(以下「土壌サンプラー」と呼ぶ)の構造と土壌試料を納める容器(以下「サンプルチューブ」と呼ぶ)の材質に着目し、その構造上の問題や、材質により採取された試料に与える影響と要因について考察した。

砂の出る井戸

井戸に砂が入る原因は様々です。
主だった原因としては① 老朽化や工事不良によりケーシングパイプやスクリーンに穴があき、そこから砂が流入してくる。② 充填砂利が充分に入っていない為、充填砂利で砂を止めることが出来ていない。など・・・

特殊条件に対応するための太陽光パネル架台

弊社では太陽光パネルを設置する際の架台と杭の取り扱いをしております。これまでは横置きで3段や4段、積雪量が多い地域では30度以上の角度をつけて縦置き2段の架台が主流でした。最近では特殊な地形にパネルを設置するケースが増えており、それぞれに応じて特殊架台を用いることが可能です。

ジオプローブマシンによる太陽光発電所のグランドスクリュー施工

太陽光発電所では太陽光モジュールを専用の架台に設置します。その際基礎に用いられるのがグランドスクリュー(スクリュー杭)です。グランドスクリュー(スクリュー杭)はコンクリート基礎と比べて安価で施工期間の短縮が可能です。

S5-20 油汚染の現場管理に用いる簡易分析装置の検証

土壌汚染対策における各種分析に関して、公定法にのみ頼った調査・対策では費用が一般的に高額となり、また結果が出るまでに数日から数週間を要するのが一般的である。

S5-16 地下タンクから漏えいした油の効果的な回収方法の検討

ダイレクトプッシュテクノロジーは、表層調査において押し込み、打撃、またはバイブレーションを用いてロッドを土中に押し込む技術の総称である1)2)

S5-7 ダイレクトセンシング技術の評価と精度向上へのアプローチ

ダイレクトプッシュテクノロジーは、表層調査において押し込み、打撃、またはバイブレーションを用いてロッドを土中に押し込む技術の総称である1)2)

S3-15 地下水サンプリング方法の違いによる水質への影響

地下水の試料をサンプリングする方法として、用途に合わせてさまざまな装置(サンプリング機器)が使用されている。

S2-27 ダイレクトプッシュFFD計測技術を用いた油汚染土壌調査

ダイレクトプッシュテクノロジーは、表層調査において押し込み、打撃、またはバイブレーションを用いてロッドを土中に押し込む技術の総称である1)2)

S2-22モニタリング井戸に使用する井戸材の選定

本稿では、米国環境保護庁(USEPA)が作成した資源回復法(RCRA)の地下水モニタリングガイダンス3)をもとに、モニタリング井戸に使用する井戸材の選定方法について紹介する。

S1-22 ダイレクトプッシュテクノロジーの世界的動向

ダイレクトプッシュテクノロジーは、表層調査において押し込み、打撃、またはバイブレーションを用いてロッドを土中に押し込む技術の総称である1)2)

お問い合わせ・カタログ請求はこちら 製品に関するご質問・導入のご相談等、お気軽にご相談ください。 03-5577-5528 月曜~金曜 9:00~18:00
  • お問い合わせフォーム
  • カタログ請求フォーム