技術情報 Technology

  • HOME>
  • 技術情報>
  • 特殊条件に対応するための太陽光パネル架台

特殊条件に対応するための太陽光パネル架台

弊社では太陽光パネルを設置する際の架台と杭の取り扱いをしております。これまでは横置きで3段や4段、積雪量が多い地域では30度以上の角度をつけて縦置き2段の架台が主流でした。最近では特殊な地形にパネルを設置するケースが増えており、それぞれに応じて特殊架台を用いることが可能です。

【横置き6段架台】
設置する土地が狭く、アレイを分けると影が出てしまうケースに用いられます。

【地上高1800㎜の架台】
ソーラーシェアリングや土地の一部が段差になっている土地などで他の架台と組み合わせての使用が可能です。分離型の杭を用いれば更に高さの調整を行うことが可能です。

【分離型の杭】
フランジが分離するので高さの微調整調整を行うことも可能です。

【傾斜用架台】
傾斜地のある土地やゴルフ場で傾斜成り設置用に用いられます。

【置くだけ架台】
主に陸屋根で防水加工がしてあり、アンカーボルトを用いることができない場合に使用することが可能です。

【軟弱地盤用杭】
田んぼ等の柔らかい地盤では沈みを防止するため羽幅の広い杭を用いることが可能です。

【その他】
既存の杭と架台の取り合いで穴が合わない場合でもアタッチメントを作成することで対応可能です。

 

技術情報一覧

ジオプローブマシンによる太陽光発電所のグランドスクリュー施工

太陽光発電所では太陽光モジュールを専用の架台に設置します。その際基礎に用いられるのがグランドスクリュー(スクリュー杭)です。グランドスクリュー(スクリュー杭)はコンクリート基礎と比べて安価で施工期間の短縮が可能です。

お問い合わせ・カタログ請求はこちら 製品に関するご質問・導入のご相談等、お気軽にご相談ください。 03-5577-5528 月曜~金曜 9:00~18:00
  • お問い合わせフォーム
  • カタログ請求フォーム