技術情報 Technology

  • HOME>
  • 海外出張報告>
  • 海外出張報告(代理店向けトレーニング/カナダ、営業会議/米国)

海外出張報告(代理店向けトレーニング/カナダ、営業会議/米国)

平成28年9月6日~11日に、カナダと米国を訪問しました。

カナダにあるソリンスト社では2年に一度、世界各国の代理店のメンバーを集めてディストリビューター・トレーニングを行います。後半は米国ミシガン州に移動し、QED社において今後の製品販売拡大に向けての営業会議を行いました。

 

【前半】 代理店向けトレーニング(ソリンスト社/オンタリオ州ジョージタウン)

弊社が代理店を務めるソリンスト社は水位計などの計測機器やサンプリング用のポンプを取扱うメーカーです。今回参加したディストリビューター・トレーニングは、2年に1度開催されている代理店向けのトレーニングで、世界各国からメンバーが集まります。今回の参加者は22ヶ国から35名、エジプト、ロシア、チリ、南アフリカ、メキシコ、ドイツ、スペイン、日本、韓国、中国、ブラジル、ポーランド、ベルギー、英国、オーストラリア、チェコ、トルコ、フランス、カザフスタン、ペルー、オランダ、ハンガリーと言語もさまざま。時折スペイン語も飛び交う楽しい雰囲気の中、3日間の日程で行われました。弊社からは6月から新たにメンバーに加わった原田君と、佐藤の2名が参加しました(佐藤は2日目午前中まで)。

新製品のアクアベントは大気圧補正用のロガー(バロロガー)を必要としない自記式水位計で、大気圧補正処理を行う必要がないため、リアルタイムで水位観測を行うことが出来る画期的な製品です(通常のロガーは大気圧+水圧を同時に計測するため、実水位を確認するには大気圧の値を差し引く作業が発生します)。また、腐食やデータのバラつきなど不具合事例の多かったLTCロガー(水位、温度、電気伝導度が同時に、連続的に測定出来る自記式水位計)は、計測部の構造とコーティングを改良して、今年末頃にはLTCロガー・エッジとして販売される予定です。日本からはメーカーにクレームを出しつつ、販売中止としていましたが、良い製品としてリリースされることを願っています。新たにエッジタイプになると、腐食耐性が大幅に改善されるため、塩湖等での利用が可能になることを期待しています。

<ソリンスト社の主な製品>
各種水位計、インターフェースメーター(地下水面に溜まったガソリンや、帯水層の底面に溜まったTCE等の層厚を計れる水位計)、モデル102水位計(外径わずか4mmの水位計)、レベロガー・エッジ(世界最高水準の精度でイベントベースなど計測方法を選択出来る自記式水位計)、ダブルバルブポンプ(1インチ/25mm径の井戸で150mの深度から水を汲み上げることが出来るサンプリング用ポンプ)、ディスクリート・インターバル・サンプラー(目的深度の地下水のみをサンプリング出来るサンプラー)、チャックバルブ、ブラダーポンプ、マルチレベル・サンプリングシステム(1つの井戸で多深度の地下水モニタリングが出来るシステム)などがあります。
http://www.solinst.com/products/

 

【後半】 営業会議、新工場ツアー(QED社/ミシガン州デクスター)

ソリンスト社でのトレーニングを1日半残して、トロントからデトロイトへ移動しました。QED社はエア駆動を用いたポンプや油回収装置をメインに製造販売するメーカーで、溶剤等の汚染された地下水を汲み上げるシステムで特に優れた製品を扱っています。エア駆動(圧縮空気を動力として水を汲み上げる機構)の利点は、部品がシンプルであり分解洗浄を行い易いこと、取扱いが用意で危険性が低いこと(低圧の圧縮空気を使用)、故障原因が突き止め易いこと、防爆のため爆発や引火の危険性がある液体にも対応出来ることが上げられます。QED社では、近年会社統合や買収の影響で、バイオガス発電地でのガスモニタリング装置の販売や、揚程45mの電動式(12V)ポンプの開発、テラコア・サンプラー(揮発し易い土壌のサンプリング容器)などこれまでとは違ったユニークな製品も取り扱うようになりました。

QED社は自動車用のスプレー装置や各種ポンプを扱うグラコ社による買収(子会社化)により、本社をミシガン州アナーバーからデクスターに移転しました。新社長であるティムの号令のもと、製造システムの改革や営業改革が行われている最中で、改めて土壌・地下水汚染分野に用いるポンプの開発に力を入れています。社長のティムからは、今後の国内外での製品販売拡大に向けて、親会社の調達網を利用したパーツ供給体制の構築や、西海岸でのサポート体制の強化(米国内での時差の関係で)、新規商品の開発、新規マーケットへの参入、それに伴う工場のライン化、新たな従業員の確保、品質の向上など事細かに説明を頂きました。特に海外は売上20%増を目指しているそうです。その一端を担うためにも、HPを用いた情報提供やセット販売の推進などを行い、ポンプを中心に日本及びアジアにおけるQED社製製品の販売拡大に繋げて行きたいと思います。"How can we grow together?"。

 

<QED社のキーワード>
汚染水の揚水、高pH、低pH、高温、高粘性、耐腐食性、海水、自動運転、エア駆動、敷地境界からの漏えい防止、油のみの回収、重油の回収、埋立地の地下水/ガスサンプリング、埋立地のガス利用と流量コントロール、バイオガスのモニタリング装置、ローフローサンプリング。

平成28年9月30日/佐藤

【関連製品】
水位計、■インターフェースメーター、■レベロガー・エッジ、■その他(ブラダーポンプ)、■その他(ディスクリート・インターバル・サンプラー)、■その他(ペリスタルティックポンプ)、■オートポンプ・シリーズ、■オイルスキマーとジニーポンプ、■その他(ブラダーポンプ

技術資料ダウンロードはこちら

海外出張報告一覧

海外出張報告(準備室設置のご連絡/タイ)

4月4日に報道発表されましたとおり、株式会社エンバイオ・ホールディングスは、タイ・バンコク市内で事務所を開設するため、現地に準備室を設置することとなりました。

海外出張報告(代理店向けトレーニング/カナダ、営業会議/米国)

平成28年9月6日~11日に、カナダと米国を訪問しました。

海外出張報告(MIPの修理およびプレゼンサポート/タイ)

平成28年4月6日~11日に、タイを訪問しました。今回の目的は、MIPの不具合の確認とプレゼンのサポート、バンコクでの打合せになります。

海外出張報告(マシン及び機器の納品、操作指導、注入指導/韓国)

平成28年4月19日~29日に、韓国を訪問しました。LCとしては初めての韓国への機材の販売となります。昨年より、中国、タイ、台湾、韓国と、アジアでの販売拠点が着実に拡大しています。

海外出張報告(マシン及び機器のトレーニング/タイ)

平成27年12月7日~15日に、再度タイを訪問し、先日納品した機器のトレーニングを行いました。

海外出張報告(マシン及び機器の納品、ワークショップ、プレゼンテーション/タイ)

平成27年11月17日~28日に、タイを訪問しました。作業は、前半、中盤、後半に分かれますのでそれぞれ報告させて頂きます。

海外出張報告(ジオプローブにおけるトレーニング/タイ顧客向け)

平成27年10月26日~30日に、ジオプローブ(米国カンザス州サライナ)を訪問しました。今回の出張の目的は、同社の製品を新規で購入して頂いた顧客向けのトレーニング(5日間)で、同行は、Panneevorakij(パニーボラキット)、Remmate(レムメイト)、ナレスアン大学から4名の参加でした。

各種お問い合わせはこちらから 製品に関するご質問・導入のご相談等、お気軽にご相談ください。 03-5577-5528 月曜~金曜 9:00~18:00
  • お問い合わせフォーム
  • カタログ請求フォーム
  • 技術資料ダウンロード